借金からの復活~蹴っ飛ばせ、多重債務!~

多額の借金から立ち直ったサラリーマンの記録です。同じ悩みを抱える人の参考になればと思います。

債務整理中でもクレジットカードのある生活を送るために必要なこと

前回、債務整理に先立って、銀行口座の整理を行っておくことの必要性をご説明しました。

 

www.resurrection-from-debt.com

 

今回は、債務整理の前に意識しておきたい、クレジットカードの取扱いです。

 

基本的に、債務整理を行うと、クレジットカードの使用は不可能になります。ただ、そうはいえども、このご時世、クレジットカードを全く使わずに生活することはなかなか困難ですし、家族に内緒で債務整理をしている場合、その状況に家族が不信感を持つ可能性もあります。

 

この状況を、いかにうまく立ち回るかも、債務整理中、債務整理後の人生を安定させるかのポイントになります。

 

 

債務整理とクレジットカード

基本的に、債務整理を行うと、クレジットカードは使用不可になります。

 

すべての債務者に対して受任通知が発せされる個人再生、自己破産は、受任通知を受け取った時点で、クレジットカードは基本的に使用不可です。

 

では、一部の債務者のみを選んで受任通知を発する任意整理の場合はどうなるか。任意整理対象外にしたクレジットカードについては、一般的には、次の更新までの間は使うことができるようです。ただ、クレジットカード会社は、有効期間更新のタイミングで、改めて信用情報の調査を行いますが、ここで任意整理を行った旨の記録が信用情報機関に残されていることを知り、カードが使用不可になるのです。

 

ということで、債務整理の検討を始めた時点で、「クレジットカードのない生活」を想定し、対処法を考えなければなりません。

 

デビットカードはクレジットカードの代わりになる!

クレジットカードを使えない債務整理中~債務整理後の状態において、非常に役に立つのが「デビットカード」です。

 

デビットカードとは、銀行口座のキャッシュカードと一体になっていて、クレジットカードと同様に使えますが、使ったその場で銀行口座からお金が引き落とされる、というものです。

 

ある程度安定的に使用するためには、銀行口座に一定の現金が入っている必要があり、もちろん口座に入っている残高以上の使用はできませんが、このカードであれば、クレジットカードが作れない状態、いわゆるブラックの状態であっても発行し、使用することができます

 

このデビットカードがあれば、日常のお買い物の中でのカード使用や、アマゾンや楽天でのお買い物などもできるようになりますので、「クレジットカード」そのものではありませんが、その代替策としては必要にして十分な使い勝手が得られるでしょう。

 

※ちなみに、ガソリンスタンドや、一部の旅行会社のオンライン決済など、デビットカードでの支払いができない事例もあります。

 

デビットカードはいくつかの銀行が発行していますが、私は楽天銀行のデビットカードを使用しています。楽天銀行のデビットカードは、使用金額に応じて楽天ポイントがたまっていくので、楽天ユーザーにとっては普通にお得です。

 

楽天銀行のデビットカードについては、JCBとVISA、VISAゴールドの3種類がありますが、

  • JCB:年会費無料でポイント付与率が1%
  • VISA:年会費1,029円でポイント付与率0.2%
  • VISAゴールド:年会費3,086円でポイント付与率0.5%

となっており、どう考えてもJCBが圧倒的にお得です。

 

楽天銀行のデビットカードを作るには、楽天銀行の口座開設が必要です。まずはサクッと申し込んで、作ってしまいましょう。 

 

なお、楽天銀行のカードローンを債務整理対象にしてしまっている場合、楽天銀行デビットカードが使えませんが、他にもいくつか選択肢があるので、これらをうまく使いましょう。

 

【三井住友銀行】http://www.smbc.co.jp/kojin/sougou/debit/

【三菱東京UFJ銀行】http://www.bk.mufg.jp/tsukau/debit/index.html

【セブン銀行】https://www.sevenbank.co.jp/oos/adv/tmp_150.html

 

「えー、この辺の銀行も債務整理対象だよー」というあなた、他にも銀行はたくさんあります。ネットでいろいろ検索してみるのも一手かと思います。

 

ETCカードは「ETCパーソナルカード」で!

このデビットカード、クレジットカードの代わりとして概ね使えるのですが、ETCカードだけは残念ながら別の手立てを講じなければなりません。

 

それが、「ETCパーソナルカード」です。

 

www.driveplaza.com

 

要は、クレジットカードを持っていない人のためにある、「銀行口座から直接高速代を引き落とすカード」なわけです。

 

ただし、このカードを発行するためには、デポジット(保証金)が必要となります。

 

このデポジットの額は、「平均利用月額(5,000円未満の場合は5,000円)の4倍」なので、最低、20,000万円の保証金をあらかじめ支払わなければなりません。

 

債務整理中の人にとって、20,000円の出費は思いの外大きいとは思いますが、これをなんとかしないとETCカードは持てません。

 

なお、デポジットが20,000円の人は、未決済残額が70%(つまり14,000円)に達した時点で、自動的に追加のデポジット20,000円が引き落とされます。これ、突然引き落とされるとビックリしますし、例月の資金繰りにも影響する場合がありますので、くれぐれも忘れないようにしておきましょう。

 

また、デポジットの額にかかわらず、未決済残高がデポジットの80%を超えると、カードが利用停止になります。たとえばデポジット40,000円の場合、32,000円ですね。高速道路で長距離移動をするときは、くれぐれもご注意ください。(ちなみに、2018年10月28日現在、名神高速西宮ICから東名高速東京ICまで片道11,200円かかります)

 

デポジットの出費が痛かったり、限度額に注意しないといけなかったり、決して使い勝手は良くないのですが、それでもクレジットカードを持たずしてETCを利用できる貴重なアイテム。

 

このカードを手にさえすれば、普通のETCカードと同様に、車載器に搭載して、使うことができます。注意事項に気をつけながら、大事につかいましょう。

 

なお、このカード、申し込みから発行まで1カ月程度要します。「債務整理を検討中だけど、ETCカードがないと困る」という方は、債務整理に先立って手続きを進めておくことをオススメします。

 

まとめ

債務整理をすることで失うクレジットカード。しかし、さまざまなテクニックを駆使することで、まるでクレジットカードを有しているかのように生活することができます。

 

これらはいずれも即時引落が基本なので、現金管理が適切にできていることが利用の前提にはなりますが、借金に頼らない生活をする上でも、非常に重要なことではあります。

 

このあたりのノウハウは、あまり弁護士さんが教えてくれることではないので、今回の記事が、債務整理を検討している人の参考になってくれれば、私としてもとても嬉しいです。