借金からの復活~蹴っ飛ばせ、多重債務!~

多額の借金から立ち直ったサラリーマンの記録です。同じ悩みを抱える人の参考になればと思います。

大手弁護士事務所への不安…

1,000万円の借金を抱え、借金を借金で返す自転車操業が貸付停止で立ちゆかなくなり、債務整理を検討することになった私。

 

債務整理についてひととおり勉強し、自分に向いているのは小規模個人再生ではないか、ということで自分なりの方向性を持って、いよいよ弁護士事務所の門を叩くことにしました。

 

とはいうものの、どうやって弁護士事務所を選べば良いのか…。

 

   

ありがちな選択…とりあえず大手事務所へ

債務整理に関する弁護士事務所の選び方なんて、当然、人には相談できません。

 

そこで頼りになるのが、やはりメディア。テレビ・ラジオCMなどもそうでしょうが、この時代は、やはりインターネットに頼る人が多いのでしょう。現にこのブログも、そういった人を意識して情報発信をしていますし。

 

ということで、私はあまり深く考えずに、債務整理に関することでインターネット検索を行い、出てきた結果の情報が充実している大手弁護士事務所に、まずは電話をすることにしました。テレビ・ラジオCMも見たことがある事務所でしたし、ここなら大丈夫かな…と、そのときは、それなりの自信と、安心感がありました。

 

ということで、私は、ホームページに載っているフリーダイヤルに電話をしました。電話越しには、優しい女性の声。私は安心して事情を説明し、まずは面談の予約を行います。たまたま、翌日の昼間が空いているとのことでしたので、私はその時間でアポイントをとりました。

 

電話越しの女性の方は、事務員さんとお見受けしました。その方から、「現在の借入状況等が分かる書類、それからローンカード等を持ってきてください」という説明を受けました。

 

これらを前日のうちに準備し、借入状況等が分かる書類については、Excelで借入先、契約日、利率、限度額、借入残高、月々の返済額を表にしてまとめておきました。

 

準備は万全。借金に苦しみ日々とサヨナラできる期待を胸に、その日は横になりました。

 

まずは債務整理の概要説明

ということで、弁護士事務所を訪問。さすが大手の弁護士事務所、大阪の一等地にオフィスを構えていました。

 

緊張しつつも、大変かわいらしい女性事務員さんの誘導に従って、相談用の個室へと入っていきます。事務所内は、良くも悪くも無機質で、「これぞオフィス」って感じの雰囲気でした。

 

その後、しばらく待っていると、別の事務員さんが登場しました。これまた、美人の女性です。悲しいかな、男というのは、美人女性を見ると、それだけでテンションが上がってしまうのですが、ここは「おっと、今はそれどころではないぞ」と冷静になるように意識をしていました。

 

さて、事務員さんは、私に対して、債務整理の手段として、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの手段があることを私に説明しました。資料に基づく、手慣れた様子の説明でして、私はひととおり聞いた後に、

 

「あらかじめ私も調べてきたので、小規模個人再生を前提にお話をできればと考えています」

 

ということを伝えました。

 

私は当然、「では、弁護士の先生と一緒に、今後の方針をお話ししたいと思います」というふうになるのだろうと想定していたのですが、ここから先は、思っていたのと全く違う展開でした。

 

執拗な任意整理への誘導

「小規模個人再生は、費用も高く、あまりオススメできません」

 

えっ???

 

「あと、あなたは少額ですが、ローン購入の物品がありますよね。小規模個人再生をすると、この商品を引き上げられてしまいますので、それで債務整理が家族にバレてしまいます。小規模個人再生はすべての借入先が対象になりますが、任意整理であれば、その1社を外して整理することができます。ここは任意整理を強くオススメしますが、いかがでしょうか?」

 

…???

 

確かに、ローン購入物品は引き上げられてしまう可能性があるというのは認識していました。その点を話し合うためにお話に来たつもりだったのですが…。

 

「加えて、小規模個人再生は官報に載りますので、世間にバレるリスクなどもありますよ」

 

と、とにかく小規模個人再生のデメリットを強調し、任意整理への振り替えを強力に勧めてきます。

 

うーん…。これで大丈夫なのだろうか。

 

「弁護士」事務所?対応はすべて事務員さん

あれ、ていうか、こんな大事な話なのに、弁護士さんではなく、事務員さんが話をずっと続けてる

 

弁護士さんはいつ出てくるの?

 

私は、数多くのもやもやが頭をよぎりました。

 

しかし、事務員さんは「今、任意整理を始めて受任通知を送れば、返済をストップして、今後の返済を軽減できるので、少しでも早く任意整理に着手すべき」の一点張りです。

 

家計の持続可能性も鑑みず… 

そうは言いつつも、話を少しでも前に進めたい側面もあったので、私は引き続き、相談を続けてみることにしました。

 

「ちなみに、任意整理だと、月々の支払はどれくらい軽減されるんですか?」

 

と尋ねると、事務員さんは機械的にExcelをたたき、

 

「残債を3年で返済することになるので…月々26万円の返済が、18万円になりますね」

 

とのこと。

 

いや、確かに安くなったけど、月々18万円の返済では、今後の家庭生活が持続可能になるとも思えない。加えて、この状況を、弁護士さんではなく、事務員さんに説明されていることも、今ひとつ納得がいかない。

 

どんどん、私は不安になっていきます。ただ、一方で、新たな借入を停止されている現状では、次の借金の返済が来た時点で、チェックメイトになってしまう…。

 

サインの時だけ登場する弁護士 

私は、とりあえず、任意整理の方向で話を進めることとしました。

 

すると、ここでようやく弁護士さんが登場。契約書のサインのときだけ、弁護士さんに変わるシステムのようです。

 

これ、あまり筋の良くない不動産屋さんで、宅建資格所有者が重要事項説明書のところだけで登場するパターンと似たような感じです。

 

まとめ…大手弁護士事務所への不安… 

このように、私は、

  • 小規模個人再生を否定し、やたらと任意整理に振り返ること
  • そのことで家計が改善しないことを顧みてくれないこと
  • 何より、弁護士さんがほとんど登場せず、事務員さんしか話をしてくれないこと

この3点に大いなる不安を抱きながらの、債務整理スタートとなってしまったのでした…。