借金からの復活~蹴っ飛ばせ、多重債務!~

多額の借金から立ち直ったサラリーマンの記録です。同じ悩みを抱える人の参考になればと思います。

弁護士費用は…あります! 出せます! 心配なく!

債務整理を行う場合、弁護士・司法書士に対する費用がかかります。

 

今回の記事では、この弁護士・司法書士に対する費用を、どのように工面し、処理するかについて述べていこうと思います。

 

 

弁護士費用は30~50万円!?  

弁護士費用について、を単純にネットで調べてみると、やれ30万円だの50万円だのという数値が出てきます。

 

「おいおい、こっちは借金でクビが回らないのに、こんなお金なんか払えるわけないだろ」

 

という声が聞こえてきそうなところです。現に私もそうでして、それゆえに依頼を躊躇したものでした。

 

通常、弁護士費用は分割払いです

では、実際のところはどうなっているか。

 

通常、弁護士等の皆さんも、多重債務の状態にある人たちの資金繰りの状況はよく分かっていますので、いきなり「全額を払ってください」みたいな話にはなりません。

 

弁護士等の費用は、分割払いが通常です。

 

とはいっても、こっちは多重債務で、今から既にある借金をなんとかしようとしているのに、分割払いなんてできるのか…という疑問が、次に浮かんできます。

 

借金の返済を止め、それを弁護士費用に回します

しかし、ご安心ください。通常、弁護士等が債務整理を受任すると、債務者(銀行や消費者金融などですね)に対して、「受任通知」という文書が発せられます。

 

この「受任通知」という文書は、ざっくり言うと

  • 弁護士が債務整理を受任したことを通知する文書
  • 債権者が、直接債務者に対して取り立てを行うことを制限する文書

という2つの性質を持っています。

 

詳細は、私の事例紹介のときに明らかにしていこうと思いますが、要は、この受任通知が発せられると、債務者側は、いったん借金の返済を止めることができるのです。

 

で、これまで借金の返済に充てていた金額を、弁護士費用の方に回していく…。

 

まあ、こういうしくみになっているので、多重債務の状態にあっても、弁護士費用が捻出できる、というわけなのです。

 

まとめ…費用は問題ないので、まずは弁護士へ相談を!

このように、一見すると非常に高額に思える弁護士費用についても、借金の返済を止めることによって生じる財源を活用し、これを使って数か月の分割払いを行うことによって支払うことができるようになります。

 

弁護士への依頼を行ったときに弁護士事務所が出してくれる「受任通知」は、くだけた言葉で言うと「借金の直接の取り立を止められる」という性質を持っていますので、弁護士費用を捻出できると同時に、自らの生活の安心を取り戻せるという、素晴らしい効果を発揮してくれるのです。

 

ですので、弁護士費用については、恐るるに足りません。悩んでいる暇があれば、少しでも早く、相談へ上がるべきだと思います。

 

ただ、この受任通知にも、一定の限界があるのも事実。

 

そのあたりは、追って、私のお話の中で、詳しく述べていきたいと思いますが、もし弁護士等に払う費用をどうするかでお悩みの方がいれば…と思い、情報を先出しさせていただきました。

 

借金で困った時は、とにかく少しでも早く弁護士等へご相談を!