借金からの復活~蹴っ飛ばせ、多重債務!~

多額の借金から立ち直ったサラリーマンの記録です。同じ悩みを抱える人の参考になればと思います。

任意整理、個人再生、自己破産…どれがいい? 債務整理の方法比較

家族との平穏な日々を維持するため、債務整理を行うことを決心した私。

 

とはいえ、債務整理がなんぞや、というのは、インターネットでいろいろ調べて、分かったような気になっていましたが、イマイチ、体系的に整理できていなかったのが現状でした。

 

 

はじめに

債務整理というのは、大きく「任意整理」、「小規模個人再生」、「自己破産」の3つに分かれます。ただ、これら3つは、その位置づけや整理の手法、資産の維持などにおいて大きな違いがあるようです。

 

そこで、これらを比較できるように、表にまとめてみることにしました。

 

債務整理 比較表

f:id:takashi-kato-guitar:20190122214210p:plain
 

この表において、黄色くした箇所は、個人的に関心をもったところです。

 

これを踏まえ、私は判断のポイントを、大きく3点に絞りました。そしてこれは、いわば、私が債務整理を行う上での基本方針にあたります。

 

 【基本方針1】借金の返済額をできるだけ減らしたい

総額が1,000万円にもなってしまった借金。月々の返済が約26万円にも至っていましたが、これを減らすことができれば、生活に安定感が増え、家族との平穏な日々を維持することができる…。

 

これが何より、一番大事なところでした。

 

【基本方針2】持ち家、車は維持したい

家族と一緒に暮らしている家。分譲マンションです。狭いながらも便利な場所にあり、満足しています。私が債務整理を決断した理由は、「家族との平穏な日々を維持すること」でしたので、そのためにどうしても家は残したいと考えていました。車も同様です。

 

なお、住宅ローンについては約2,000万円の残高がありましたが、車については、ちょうど、債務整理を行うタイミングでローンが終わっていました。

 

【基本方針3】家族、職場にはバレたくない

つまんない意地、プライドとの批判を受けるかもしれませんが、これまで仕事をしてきた職場に迷惑をかけたくない、これまでの仕事の実績を水泡に帰すような話はしたくない、そして家族にも変な心配をかけたくないという思いから、家族にバレずに、秘密裏に債務整理を進めたい、という思いがありました。

 

まとめ~最善は個人再生か~

以上3点を踏まえ、債務整理の手法を検討します。

 

まず、「1 借金の返済額をできるだけ減らしたい」で見ると、

自己破産 > 個人再生 > 任意整理

という順番で優先順位をつけることができます。

 

ただ、次の「2 持ち家、車は維持したい」の視点で見ると、自己破産は住宅や家を失ってしまうため、選択肢としては外れてしまい、財産を維持することができる個人再生が、有力な選択肢になってきます。自己破産ほどの借金減額効果はありませんが、それでも1,000万円が1/5になれば200万円まで減額され、かなりの効果が得られます。

 

ただ、「3 家族、職場にはバレたくない」はどうなのか。この点については、慎重な検討が必要ですが、具体的な家族の事情、職場の事情などによって一概には言えないでしょうから、ここの判断はいったん保留することにします。

 

現時点での下調べの印象では、どうやら「個人再生」の方向で債務整理を進めることが妥当のようです。

 

ということで、私はこれまでの自分なりの考え方の整理が合っているか、また判断をペンディングにした「家族・職場バレの回避」をどうするか、などについて、専門家と話し合う中で決めるべく、弁護士・司法書士の相談先を探すことにしました。