借金からの復活~蹴っ飛ばせ、多重債務!~

多額の借金から立ち直ったサラリーマンの記録です。同じ悩みを抱える人の参考になればと思います。

おまとめローンは危険です!

借入件数が増えてくると、ついつい興味を持ってしまうのが「おまとめローン」。

 

 

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の借入を一本化して、返済日を1つにまとめるとともに、月々の返済額が軽減される効果も期待されるという代物です。また、このおまとめローンは、高額融資を得意とする銀行はもちろんのこと、総量規制の対象外とされているため、消費者金融系でも扱っていることがあります。

 

また、はっきりと「おまとめローン」とうたっていなくても、銀行系の高額カードローンの中には、おまとめローンとして使うことを前提に審査をしてくれる事例もあると聞いたことがあります。

 

おまとめローンの失敗

さて、私も、借金が膨れ上がる過程の中で、2度、おまとめローンにチャレンジしています。しかし、いずれも、結果としておまとめローンには失敗しているのが実態です。

 

なぜか。理由は大きく2つあると考えられます。

 

【失敗理由1】大金を手にすることによる金銭感覚の緩み

貸し手側は、言うまでもなく、「これで他の借金を返してね」ということでおまとめローンの融資をしてくれています。

 

しかしながら、一瞬とは言え、これまで資金のやりくりに苦しんでいた自分の口座に、まとまったお金が入金されてしまうと、やはり心のどこかに、スキが生じてしまいます。

 

これを原資に、速やかに返済をしていけば良いのですが、たとえば「一括返済については下記の電話番号までお問い合わせを」のように、返済に一定の手間がかかる借金があると、「1カ所くらい返さなくてもいいんじゃないの?」という悪魔のささやきが、急に耳元で聞こえてくるのです。

 

【失敗理由2】新たな借入への誘惑…

おまとめローンは、複数の借入を一本化することができますが、借金総額を減少に導くためには、これとあわせて、「既借入契約の解約」が必須です。

 

要は、返済しきったカードローン等は解約しておかないと、せっかくいったん全額返済しても、後でお金が足りなくなったとき、また借りてしまうのです。「少しくらいいいかな…」が積み重なると、いつの間にか「おまとめローンの負債残高」に「今までの借金総額」がダブルで乗っかり、かえって借金総額が膨らんでしまいます。

 

こちらもまた、意志の弱さにつけこむ、悪魔のささやきが聞こえてくる…そういことになってしまうのです。

 

おまとめローンよりも債務整理を!

このように、おまとめローンの実施は、相当強い意志をもって臨まないと、帰って借金を膨らませ、事態を悪化させることにつながりかねません。

 

恥ずかしい話ですが、私は二度も、同じ失敗をしてしまい、結果として借金を1,000万円にまで膨らませるに至っています。

 

一度どころか二度も同じ失敗をしてしまった私としては、おまとめローンによる借金の整理は、とてもおすすめできません。CMやWebの広告などを見ていると、魅力的に思えるかもしれませんが、こうした失敗のリスク、そして失敗したときのダメージは尋常でなく大きい。

 

そこも含めて考えると、やはりおまとめローンを考えるくらいなら、いっそ債務整理に向かうべきだ…というのが、今の私の考えです。