借金からの復活~蹴っ飛ばせ、多重債務!~

多額の借金から立ち直ったサラリーマンの記録です。同じ悩みを抱える人の参考になればと思います。

債務整理の存在を知ったきっかけ

私が、自らの置かれている状況…すなわち、「1,000万円の借金を抱えている状況」に気づいたのは、いつ、どのようにしてか。

 

本日は、その時の様子を振り返りながら、その打開策として、債務整理というものがあることを知ったときのお話をしようと思います。

 

 

自転車操業とその限界

私の家計をざっくりと振り返ると、毎月の借金返済を含めて、概ね、月5万円程度の赤字であり、これまではこれを、カードローンの限度額があるうちは、ここから借入、それが尽きれば新しい借入先を増やすことで対応してきました。

 

幸い、私の勤務先は社会的に信用のあるところらしく、また年収も700万円程度はあったので、はじめのうちは借入に苦労はしませんでした。銀行系のカードローンは簡単に100万円単位の限度額で可決してくれ、銀行系が厳しくなると、消費者金融へ申し込み。こちらも、年収の1/3の範囲内での融資は簡単に出してくれました。

 

ところが、やがてこれらも行き詰まり、どこも新規融資の決定を出してくれなくなったり、あるいは某メガバンクが、借入額の増加に伴う貸付停止を行ったりするなど、借金返済を新たな借金でまかなう「自転車操業」が行き詰まりを見せました。

 

「まずい…いや、なんとかしないと」

 

当時の私は、その「なんとかする」術を、新たな借金でしか見いだせなくなり、「カードローン 審査 緩い」などのキーワードで検索をしたり、あるいは小規模金融などにも電話をしたりしながら、活路を見出そうとしました。

 

小規模金融さんからの一言

しかし、そのとき、某小規模金融さんから、電話越しに次のように言われました。

 

「この年収で、これだけの借金…。金額、件数ともに多すぎる。これは…おそらくどこに行っても借入はできないですよ。債務整理をした方が、いいんじゃないですかね」

 

私は借入申し込みに書いていない情報、そして私が十分に把握できていない情報を具に先方が知っていることに驚きましたが、どうやらCICなどの信用情報機関から得た情報で、私の借入情報をすべて把握していた模様。

 

「そうか…そんなに借入の規模が膨らんでいたのか…」

 

私は絶望的な気分になりつつも、小規模金融さんが言っていた「債務整理」について調べてみることにしました。

 

「返す」以外に借金を減らす方法…? 

小規模金融から言われた「債務整理」。

 

なんだろう…。CM等で「債務整理で過払い金の請求」といったものはよく目にしていますが、自分の借入は、そのほとんどが2010年以降で、いわゆるグレーゾーン金利のものは一切なく、そうした話とは無縁のはず。

 

とりあえず、債務整理でインターネット検索し、概要、全体像をつかもうとしました。

  

その結果、分かったことがいくつかありました。

 

○多重債務に陥るなどして、借金を返済しないまま放置しておくと、借金の取り立てが始まり、最終的には給与や住宅等の差し押さえを受け、日常生活がままならなくなること

 

○ところが、弁護士・司法書士に債務整理等を依頼すると、弁護士等から「受任通知」が発せられ、債務者からの取り立てが停止する、すなわちまずは平穏な生活が送れること

 

○その間に、大きくは「任意整理」「小規模個人再生」「自己破産」の3つの選択肢を選び、今後の経済面での立て直しを図ることができること

 

弁護士等が介入する形にすることによって、取り立てが止まりつつ、その間に対処方法を考えることができる…。

 

「こんなすごいしくみが、この社会にあったとは」

 

借金は耐えて返すしかないと思っていた私にとって、大変衝撃的な内容でした。これをもっとはやく知っていれば…との思いも芽生えましたが、それは今言っても始まりません。

 

私は、この手法について、もう少し深く調べることにしました。

 

倒れなかった自転車…確実に行い続けた返済

借金を借金で返す自転車操業を繰り返し、気がつけば借金総額が1,000万円になっていた私。

 

月々の返済額は、約26万円。私の月々の手取りが約35万円でしたので、借金を返した後に残るお金は約9万円。これで住宅ローンや各種生活費をまかなうことはとてもできないので、不足する例月の生活費を、新たな借金で補てんする、というのが自転車操業の詳細です。

 

しかし、この自転車操業は、他社借入の増に伴って、メインバンクのカードローンで貸付停止をされたことにより、行き詰まりを見せたのでした。その後、小規模金融等に借入の申し込みをする中で、債務整理という選択肢を手にするに至ったのは、前回お話ししたとおりです。

 

ところで、実は私、ここに至るまでの間に、返済の遅延を一切していませんでした。

 

これは、自分なりに、借金の返済を延滞してしまうと、信用情報にその旨の記載が載り、自転車操業に支障を来すのではないかと考えて、ここに至るまで、一切の遅延なしに、期日までに返済をこなしてきました。

 

そんなに胸を張って言えるほどの話ではないのかもしれませんが、これが後に債務整理をする際、「家族や職場にバレずに…」の布石になります。もっとも、そのために無理をしていたが故に、気がつけば借金が1,000万円まで膨れ上がってしまった面もありますが…。

 

ところで、借金総額をこの規模まで膨らませるまでの間、いくつかの新規借入を可決させてきています。そのときに、借金を返済ベースに載せることはできなかったのでしょうか…。

 

次回、そのときのことを振り返ろうと思います。