借金からの復活~蹴っ飛ばせ、多重債務!~

多額の借金から立ち直ったサラリーマンの記録です。同じ悩みを抱える人の参考になればと思います。

はじめに

はじめまして。かとうたかしと申します。

 

私は、とあるしがないサラリーマン。家族は妻と2人の子ども。典型的な「よくある家庭」なんだろうと思います。

 

しかしながら、とある事情で借金を1,000万円抱えてしまい、月々の返済で生活ができなくなってしまいました。

 

 

ブログ開設のきっかけ 

借金1,000万円。とんでもない額です。

 

しかし、私は家族のため、自分の人生のため、この苦境を、何とかして、誰にも迷惑をかけずに乗り切りたい…。

 

その思いで、自分自身、債務整理に関することを一生懸命勉強し、弁護士の先生とも相談しながら手続きを進めていった結果、職場にも会社にもばれず、さらに住宅も車も失うことなく、借金を大幅減額して、もとどおりの生活を送るに至りました。

 

このブログは、そのときに私が学んだこと、気づいたことを記録として残すとともに、同じような状況にある方を、人生の復活に導くきっかけにできればと思い、開設したものです。

 

若かりし日の全国行脚

そもそも、なぜ、これだけ多額な多重債務を抱えるに至ったのか。

 

私の勤め先は、

・新人のときは給料が安いが、勤続年数を重ね、昇進すると給料が大きく上がるシステム

・関連会社への出向や全国転勤がある

というようなしくみになっています。

 

要は、給料の安い若い頃に全国を飛び回って実績を積めば、一定の給料が確約されるような形なわけですが、この「給料の安い若い頃に全国を飛び回る」というのが、なかなか経済的に大変なわけなのです。

 

最初に赴任した某地方では、周りに豪遊される方が多く、お付き合いで月々の給料が吹き飛んでしまう。そうした中、結婚に出産にと、人生の節目節目のイベントが発生するのですが、そうした大事な出来事に対応できるだけの資金を貯めておらず、これを借金でまかなうような日々が続いていました。

 

積み上がった1,000万円の借金…

こうした家計状況を家族に伝えることができず、家計管理を私が担っていましたが、月々の赤字を借金補てんしたり、必要なものをクレジットカードのリボ払いで購入するような生活を数年続けると、あっという間に借金は1,000万円の大台に突入。

 

1,000万円の内訳を簡単に述べると、

○銀行系カードローン:600万円

○消費者金融:200万円

○クレジットカードのリボ:200万円

 

というような負債残高になっていました。

 

貸金業法に基づく総量規制によって、借金の総額は年収の1/3まで、とよく言われていますが、これは銀行からのローンやクレジットカードのリボ払いは規制対象外のため、借金総額を身の丈にあったものとすることはありませんでした。

 

むしろ「銀行系の借入だから安心」と自らを言い聞かせながら銀行系の借入を増やしたことが、これだけ借金総額を多額にしたのではないかと、今となっては反省しております。 

 

思えば、どこからか借入ができている状況のうちは、こうした借金総額が多額になっていることに気づかなかった、あるいは気づかないふりをしていたような面がありました。

 

しかし、あるとき、この事実と直面せざるを得なくなってしまうのです…。

 

次回の記事では、借金と直面するきっかけについてお話ししようと思います。